会議

会議 · 2018/09/19
標記会議に出席しました。 南海トラフの予兆が捉えられると「臨時の情報」が発出されることになっています。 しかし、この情報からどの程度の期間、どのような備えをすればよいのか、自治体は大変困惑しています。 これについて、政府において現在検討がなされており、年内には自治体向けにガイドラインを示す予定です。

会議 · 2018/09/19
標記会議に出席しました。 森林環境譲与税が導入されることに伴い、林野公共事業の予算が削られるのではないかとの懸念があります。 これに関しては、財務省としても二つの財源は別個のものとの位置づけとなっていることを確認しています。 また、林野公共事業は民主党政権で大幅削減されてから、元の水準に復元していません。...

会議 · 2018/09/18
標記会議に出席しました。 北海道電力のブラックアウトについては、地元関係者から相当な不満が噴出しています。 しかしこれは北電に限った問題なのか、見極める必要があります。 電力会社は、ブラックアウトの対応策はできているという建前でした。 きちんと検証して、必要な対策をとる必要があります。

会議 · 2018/09/14
厚労部会・雇用問題調査会で平成30年版の労働白書について審議しました。 名目賃金は全体で5年連続、パートは7年連続増加しています。 しかし、消費者物価指数を除した実質賃金では、必ずしもその傾向にはありません。 このことから目を背けていては、いつまでたっても国民が脱デフレを実感できないことと向き合うことができません。...

会議 · 2018/09/13
標記会議に出席しました。 台風21号・北海道胆振東部地震・関空の復旧状況について審議しました。 いずれの災害についても国交省のTEC‐FORCEが大変な貢献をしています。 防災省の議論もありますが、実際に動くことのできる手足を持っていなければ、うまくワークしないでしょう。...

会議 · 2018/09/12
標記会議に出席しました。 言うまでもなく水道は命をつなぐ最重要インフラです。 しかし、水道管は老朽化が進んでおり、計画的に更新をしていかなければ、市民生活に大きな影響が出ます。 そのための財源確保が必要です。

会議 · 2018/09/11
岐阜県で国内26年ぶりに豚コレラが発生しました。 本日14時には殺処分・埋却・消毒が終了し、周辺農場は搬出制限がかかっています。 これらの処置により、これ以上の感染拡大は確認されてません。 今後、感染経路の解明、再発防止、風評被害対策などを講じてゆかねばなりません。...

会議 · 2018/09/11
標記委員会に出席しました。 看護関係の来年度予算について審議しました。 ・特定行為に係る研修 ・資質向上 ・業務効率化 ・看護職員確保対策 ・外国人看護師受け入れ事業 ・地域医療介護総合確保基金 それぞれの事業について、看護連盟からの要望も伺いました。

会議 · 2018/09/07
災害対策本部に出席しました。 今回の北海道地震は活断層ではないところが震源になっています。国や自治体の地震防災は、活断層に由来する地震を想定されており、活断層ではないところでもこれだけの大きな地震が起きるということになると、根本的に考え方を改めなければなりません。...

会議 · 2018/09/06
標記会議に出席しました。 捕獲対策の推進によりシカ・イノシシの生息頭数は減少傾向にあります。 しかし、25年に政府が策定した目標(35年までに197万頭)には遠く及びません。 農作物被害も減少はしているものの、依然、農山村の大きな脅威となっています。 さらに総合的な施策を講じていかねばなりません。

さらに表示する