· 

憲法改正推進本部

合区解消のたたき台が下記の通り示されました。

 

第47条 両議院の議員の選挙について、選挙区を設けるときは、人口を基本とし、行政区画、地域的な一体性、地勢等を総合的に勘案して、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定めるものとする。参議院議員の全部又は一部の選挙について、広域の地方公共団体のそれぞれの区域を選挙区とする場合には、改選ごとに各選挙区において少なくとも一人を選挙すべきものとすることができる。

前項に定めるもののほか、選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。

 

これに第92条も改正し、「基礎的な地方公共団体」「広域の地方公共団体」として、都道府県と市町村を初めて憲法に位置付ける案となっています。

 

この改正案であれば、①合区解消と投票価値の平等を憲法の中で調和させる②人口減少地域も代表を送ることができる③衆議院小選挙区においても、自治体を切り刻む不合理を是正できる、という効果があります。

 

本案での取りまとめについて、執行部に一任されました。