· 

養鰻振興議員の会

標記会議でシラスウナギの未曽有の不漁について議論しました。

 

シラスウナギの採捕は、世界的に過去に類を見ないほどの不漁となっています。北赤道海流の南偏が原因との指摘がありましたが、このままでは養鰻業が壊滅し、日本の食卓からウナギが消えてしまいかねません。

 

完全養殖もまだ課題山積で時間がかかりそうです。取り急ぎ当面の緊急対策をまとめることになりました。

 

※発言されている全日本持続的養鰻機構の白石嘉男会長のお隣は、宮崎市大森淡水の大森仁史副会長。