· 

日本の働き方の課題

戦略研で標記テーマについて、黒田祥子早大教授の講演を頂きました。

 

成果報酬制では固定給よりパフォーマンスが落ちる、副業を推進すると賃金に下押し圧力がかかる、社員の健康に配慮している企業ほど株価が高いなど、興味深いお話を伺いました。

 

しかし、残業規制を悉皆的に義務化するよりは、労使合意・健康配慮などを条件にした上で、裁量労働を選択できるようにして、あとは労使の選択と労働市場に任せた方が、最適化されるのではないかと私は考えます。