· 

安全保障調査会

標記調査会で、防衛生産・技術基盤について審議しました。

 

防衛産業は、高い技術を求められつつ、限定的な需要に応えなければならないという特殊性があります。

 

また、防衛装備庁としては、防衛産業を育成しつつ、より安価に調達をしなければならないというジレンマがあります。

 

したがって、技術の民生市場へのスピンオフや、防衛装備の海外移転などに積極的に取り組んでいかねばなりません。