· 

人手不足対策

雇用問題調査会で標記テーマについて審議しました。

 

労働条件の改善や柔軟な労働市場を推進する、下請け取引の適正化を図り重層下請け構造を改善する、長時間営業や荷待ち時間の改善の機運を醸成するなどの提言をまとめました。

 

特に外国人労働者については、移民政策と誤解されないように配慮しつつ、新たな在留資格制度により選択肢を拡大する、日本語学習の環境を整備するなど、外国人材の活用を進めていくこととなりました。