· 

TPP交渉における国益を守り抜く会

標記会議で、茂木大臣が日米首脳会談の結果報告を行いました。

 

首脳会談では、貿易と投資に関する新たな協議の枠組みを設けることで合意しました。

 

これに対し、守る会の江藤拓会長から「この協議が、FTAに繋がるようなことも、TPPの枠組みを超えることも絶対に認められない」との発言がありました。

 

これに対し、茂木大臣は「FTAの予備交渉ではない」「農産品については、TPPが最大限の限度であると、米側に明確に伝えた」との答弁がありました。

 

今後、相当タフな交渉を強いられる可能性が高く、我々もしっかりと注視して参ります。