· 

魚の流通

水産基本政策委員会で、標記議題を審議しました。

 

角上ホールディングスの栁下浩三社長と、東京魚市場卸協同組合の早山豊理事長からヒアリングをしました。

 

東京魚市場卸協同組合は、仲卸業者向けネット販売サービスの「いなせり」を運営しており、仲卸業者がネット上に出品した商品を、飲食店がスマホで注文すると、その日のうちに配達されるというサービスを提供しています。

 

飲食店は市場に行かなくとも、目利きの仲卸から安定して商品を仕入れることができ、仲卸にとっては強力な販促ツールとなります。

 

水産物は日持ちしないので、流通の効率化は難しいのですが、やはり、IT技術がその壁を打ち破ってくれると感じました。