· 

児童虐待防止

標記について特命委員会で審議しました。

 

愛知県豊橋市では、

・児童相談所と市の関係部署が緊密に連携をとっているが、ケースの増加に追い付いていない

・所在不明児童の対策は自治体間の連携が重要

・民生児童委員による「赤ちゃん訪問」を実施

との報告がありました。

 

日本社会福祉士会からは、スクールソーシャルワーカーの拡充、社会福祉士の積極登用などが提案されました。