· 

気象業務振興議員連盟

標記議連で、総合防災情報研究センター(CIDIR)の田中淳センター長の講話を伺いました。

 

予測可能性・災害規模・頻度・情報・財源など、多角的観点から防災を分析され、その一つ一つが「わが意を得たり」というものばかりでした。

 

災害の最前線に立つのは市町村であり、その体制作りと支援が要となります。

 

私も細やかながら、自分の経験を活かして、本議連の審議に参画していきたいと存じます。

 

ちなみに、田中センター長は幼少期に宮崎市に住んでいたそうです。これをご縁に、今後ともご指導賜りたく存じます。