· 

宮崎県農民連盟

宮崎県農民連盟の福良委員長、山本JA延岡組合長が、えびの市長江川汚濁について、県選出国会議員への要望活動にお見えになりました。

 

農林水産省の塩川危機管理審議官はじめ、政府関係者も同席の上、被災農家の要望について意見交換を行いました。

 

今年の水稲作付を断念した農家に対し、共済金支給・代替水源の確保・暗渠排水等の基盤整備などを実施するために、のようなメニューが考えられるかを検討しました。

 

一日も早く、これらのメニューをお示しして、少なくとも来年の作付けについて、しっかりとした方針が立てられるように、速やかに対策を取りまとめて参りたいと存じます。