· 

衆議院内閣委員会

標記委員会で国民民主党の森田俊和委員の質疑に答弁しました。

 

国債が暴落(金利が急騰)するリスクについて問われ、財政健全化と適切な国債管理政策に努めるとの答弁をいたしました。

 

家計金融資産と政府債務残高の差額が、縮小傾向にあることから、国債消化をめぐる状況には注意を払っていかねばなりません。