· 

車座ふるさとトーク㏌松本

政務三役が地域へ赴き、国民と対話する標記会議で、信州大学の学生さんと財政健全化についてお話をいたしました。

 

財政問題を学習されている学生さんたちは、将来の支え手であり、大変熱心に議論をさせて頂きました。

 

特に社会保障問題については、少子高齢化や年金制度の持続性について、鋭いご指摘がありました。

 

彼らの問題意識をしっかりと受け止めて、今後の政策に反映させていきたいと存じます。

 

ご協力いただいた信州大学の皆様、本当にありがとうございました。