· 

財政金融委員会

標記委員会が開催されました。

 

黒田日銀総裁から、「通貨及び金融の調整に関する報告書」が提出され、審議しました。

 

2%の物価目標の時期を削除したことに、複数の委員から質疑がありました。

 

ただし、需給ギャップは改善を続けており、物価上昇のモメンタムは維持されています。

 

日銀としては、下振れリスクに注意を払いながら、引き続きイールドカーブコントロールを継続していくとの方針が示されました。