· 

水産政策の改革の方向性

水産総合調査会で標記の件につき、前回会合で論点が百出したため、再審議しました。

 

・TAC魚種の拡大は慎重に行う

・IQに伴う減船・休漁措置に対する支援は納得の得られるものとする

・漁業権の優先順位の廃止につき、既得権保護に配慮する

・公認会計士監査の導入は漁協の負担に配慮する

・漁船漁業構造改革事業の予算確保に努める

・漁業収入安定対策の法制化

など

 

上記の論点ごとに説明・質疑を行い、執行部一任となりました。

 

「方向性」により漁業者に混乱が生じないように、実施に当たっては、丁寧な議論と説明を求めていきたいと存じます。