· 

水産部会

標記部会に出席しました。

 

昨年11月から、技能実習が3年から5年に延長されました。さらに、5年の再延長(合計10年)を政府内で検討されており、今夏にも方向性が示されます。

 

この中で、水産業・水産加工業を対象とし、人材確保を図る必要があります。

 

また、日本の水産認証であるMELに、国際機関であるGSSIの承認を得る必要があります。

 

オリ・パラの食材調達基準に対応するためにも、国を挙げて取り組んでいかなければなりません。