· 

宮崎県農民連盟

宮崎県農民連盟の役員の皆様との懇親会に出席しました。

 

県内JAの組合長と、現下の農政の課題について貴重な意見交換ができました。

 

新燃岳の噴火に際しては、JAこばやしの坂下組合長の即断で、被災農家への独自支援を打ち出されました。これに触発されて、後を追うように行政の支援策が決まりました。

 

まさに、組合員のためのJAを体現する、素晴らしいご英断です。

 

また、長江川汚濁問題では、就任早々のJAえびの小吹組合長が、八面六臂のご活躍をされました。農水省にも一緒に要望に上がりましたが、生産者の思いを代弁する姿は胸を打ちました。

 

規制改革会議には悪者扱いされたJAですが、実態は、協同組合の精神を忠実に体現した、組合員のための組織であることを、優れたリーダーたちが行動で物語っているのです。

 

※写真は木佐貫青年部長と三田井県中専務。