· 

日本酒造組合中央会通常総会

標記総会に大臣の代理で出席しました。

 

日本酒や焼酎は「国酒」として、輸出戦略の大きな柱となっています。世界的な和食ブームの中で、和食に合うアルコールとして、広がりを見せています。

 

そのため総会の雰囲気には、伝統を守る厳かさの中に、大変チャレンジングな活気を感じました。

 

宮崎県からは、京屋酒造の渡邊社長・千徳酒造の田丸相談役・組合の山野内専務が参加されており、総会後にご挨拶をさせて頂きました。