· 

終末期医療に関する検討PT

標記PTに出席しました。

 

元日本透析医学会透析ガイドライン策定委員長の、渡邊有三春日井市民病院長にご講演頂きました。

 

透析は中止が死を意味することから、終末期医療ガイドラインをベースにしながら、十分な情報提供・自己決定権の尊重・同意書の取得などを提言としてまとめられています。

 

終末期について、透明性を確保しながら、様々な自己決定権を認められるようにするには、どのような仕組みが良いのか、しっかりと議論を進めて参ります。