· 

米朝首脳会談

参議院自民党政策審議会で、標記テーマにつき、外務省から説明を聴取しました。

 

共同声明の非核化について、「北朝鮮」ではなく「朝鮮半島」と記されていることがマスコミ等で論点となっています。

 

しかし、この非核化の主語は、「金正恩委員長は」「北朝鮮は」となっています。

 

ここに、米国側の苦心の跡と、北朝鮮側のぎりぎりの譲歩が見て取れます。

 

今般の会談には賛否両論ありますが、青山繫晴参議院議員の表現を借りれば「楽観できる内容でないが、絶望する内容でもない」という評価が適切だと考えます。