· 

新薬の研究開発

戦略研で、日本製薬工業協会前研究開発委員長の池浦義典氏の講演を伺いました。

 

一つの新薬を世に出すのに、かかる費用は3千億円です。ところが、日本の製薬会社の研究開発費は平均1300億円。これでは、3年に一度しか新薬は生み出されないことになります。

 

池浦氏は、開発費を増やすのが難しい中では、ビッグデータの活用がカギだと言います。

 

・患者さんや疾病に関する膨大なデータを活用すれば、創薬は劇的に効率化される

・これらのデータを収集・提供するための法的枠組みが必要

・日本医療研究開発機構(AMED)がそのけん引役を担うべき

 

成長戦略の柱の一つにもなっている創薬について、大変示唆に富んだお話を頂きました。