· 

郷友会総会

標記総会に出席しました。

 

元都城市議の有満忠信会長が、ご挨拶の中で、憲法改正の必要性を力説されました。

 

私も、来賓あいさつで、憲法改正をめぐる国政の状況についてご説明をいたしました。

 

憲法改正の発議がなされたとしても、これを決するのは国民投票です。

 

そこで、郷友会の皆様には、憲法改正の意義や内容にについて、広く国民にご理解を頂けるような、啓発活動をお願いしました。

 

なお、本総会をもって有満会長が退任され、島村局長が新会長に就任されることになりました。

 

有満会長の永年のご尽力に心から敬意を表しますと共に、島村新会長のご活躍を心からお祈り申し上げます。