· 

党首討論

国家基本政策委員会で党首討論が行われました。

 

骨太の方針で打ち出された、外国人の新たな受入れ枠について、国民民主党の大塚耕平代表が質しました。

 

安倍総理は、あくまで「移民ではない」というスタンスですが、「移民」自体が国際的な定義が定まっていません。

 

総理は移民政策の定義を「国民の人口に比して、一定程度のスケールの外国人及びその家族を、期限を切ることなく受け入れることによって、国家を維持していこうとする政策」としました。

 

・人数

・家族帯同の有無

・期限の有無

・受入れ目的

 

大塚代表は、外国人受け入れの必要性は認めつつ、しっかり時間をかけて、日本人労働者や社会保障への影響を見定めながら進めなければならないと指摘されました。

 

私も、大変重大な関心をもって、この問題に取り組んでまいりたいと存じます。