· 

九州国会議員の会

標記会議で、トラック協会とJAから意見聴取を行いました。

 

九州は大消費地から遠く、農産品をトラック輸送するため、働き方改革による労働時間規制が強化されると、大幅なコストアップにつながってしまいます。

 

今般の働き方改革法については、トラック輸送業界は5年間の猶予期間が設けられています。

 

九州共通の課題として、猶予期間中に解決法を探るべく、議論を重ねて参ります。