· 

全国社会保険労務士連合会・政治連盟

標記団体の総会懇親会に出席しました。

 

働き方改革法による残業時間の上限規制は、中小企業には1年間の猶予措置が講じられているものの、法律の周知は相当な困難が予想されます。

 

そこで、社会保険労務士の皆さんのお力をお借りして、周知徹底や、各社の就業規則の適正化を図っていかなければなりません。

 

その意味で、社会保険労務士会にかかる期待は、大変大きいものがあります。