· 

参議院本会議

本会議で2つの法案が可決・成立しました。

 

このうち、TPP関連法案改正は、米国が離脱したため、いくつかの協定を凍結した上で、TPP11を発足するためのものです。

 

また、働き方改革法は、過労死を無くすため残業時間の上限を設けるものです。そして、成果を重視した多様な働き方を実現するための、高度プロフェッショナル制度も設けています。