· 

過労死防止大綱

厚労部会で標記大綱について審議しました。

 

平成26年に施行された過労死防止法に基づき、3年ごとに大綱が改訂されます。

 

今回、新たに、

・勤務間インターバル制度の普及目標

・労働者の相談先確保の数値目標

・ストレスチェック活用の事業場数目標

を定めることとなりました。

 

先般成立した、働き方改革法の残業時間上限規制と相俟って、過労死のない社会の実現へ向け、社会全体で取り組んでいかねばなりません。