· 

林政対策委員会

標記委員会に出席しました。

 

民間のハウスメーカーの方々から、どうすれば木造建築物の需要拡大ができるのか、聴取しました。

 

これまで、公共建築物の木造化・木質化は法律などで取り組んできました。

 

今般、新しい林業システムの議論をする中で、供給体制が整っても、それに見合う需要があるのか、という議論がありました。

 

そこで、需要サイド、特に民間の需要を喚起する政策に取り組んでいかなければなりません。