· 

国会木鶏クラブ

標記会議で、元財務大臣尾身幸次先生のご講話を伺いました。

 

貧しい少年時代の中で、苦学され一橋大に進まれ、通産省を経て政界の道を歩んで来られた道程での、尾身先生のたゆまぬ努力の積み重ねに胸を打たれました。

 

若い議員へは、自民党の部会を休まない、相手の話を徹底的に聞くという、実践的なアドバイスを頂きました。

 

尾身先生は政治人生の中で

・科学技術基本法

・沖縄科学技術大学院大学

・科学技術のダボス会議と称されるSTSフォーラム

というレガシーを残されました。

 

自分たちは政治家として何を残せるか、尾身先生のお話で大変触発されました。