· 

水産総合調査会

標記会議に出席しました。

 

水産政策改革について、各地域での説明会の状況について報告がありました。

 

予想通り、TAC魚種の拡大には懸念の声が上がっているようです。

 

水産庁としては

・大臣許可漁業など準備の整ったものから順次導入する

・減船・休漁などの支援を行う

・底引き網漁業などについては複数魚種をグループ魚種として管理するなどの検討を行う

などの考えを示しました。

 

今後、不安解消と合意形成がしっかり行われるよう、チェックして参ります。