· 

鳥獣被害対策特別委員会

標記会議に出席しました。

 

捕獲対策の推進によりシカ・イノシシの生息頭数は減少傾向にあります。

 

しかし、25年に政府が策定した目標(35年までに197万頭)には遠く及びません。

 

農作物被害も減少はしているものの、依然、農山村の大きな脅威となっています。

 

さらに総合的な施策を講じていかねばなりません。