· 

小林史明総務政務官

小林史明総務政務官が、総務省の若手と検討された国家公務員の働き方改革案のご説明にお見えになりました。

 

国会議員がぎりぎりまで質問通告を提出しない場合、多くの官僚は「国会待機」という長時間残業を強いられます。

 

ルール上は質問通告期限は決められていますが、守らない議員が散見されます。

 

このようなブラック職場では、優秀な人材から敬遠され、国益を損ねることになります。

 

国家公務員が高いパフォーマンスを出せる改革は、ぜひ進めて行かなければなりません。