· 

金融調査会

標記会議に出席しました。

 

地域金融に関する提言を取りまとめました。

 

地域金融を取り巻く状況は、低金利・人口減少・Fintech等の技術革新・他業種の参入など、かつてない厳しいものとなっています。

 

提言では、経営統合の審査の柔軟化や多様なサービスの提供などが示されています。

 

金融庁は、財務健全性ばかりに目を足られず金融仲介機能を発揮せよと指導しています。

 

しかし、厳しいことを言えば、「知恵を出せ」といいつつ、金融庁もその解を持っているのでしょうか。

 

事業性融資といっても、そんな案件が地方にゴロゴロ転がっているわけではありません。無理を強いればスルガ銀行のような事になってしまいます。

 

期待も込めて言うと、もっともっと知恵を出さなければならないのは、金融庁の方ではないでしょうか。