· 

建設業協会 意見交換会

建設業協会役員と国会議員との意見交換会に出席しました。

 

担い手不足・働き方改革・発注平準化など、諸課題について活発な意見交換となりました。

 

特に発注平準化については、国交省はすでに直轄事業の1割程度を4-6月期に稼働させており、同様の取り組みを地方公共団体にも毎年のように要請しています。

 

しかし、地方公共団体の平準化はまだまだ進んでいません。

 

自治体の担当者は、会計法を根拠に平準化が進まないと言っているようですが、国でできていることが自治体でできない理由にはなりません。

 

国交省が自治体に対し、直近3年で5回も通知・要請を行い、先進事例集を2回も示しているにも拘らず、取り組みが進まないのは納得がいきません。

 

この際、全ての都道府県・市町村の平準化の状況を公表してはどうでしょうか。そうすることにより、取り組みが遅れている自治体を見える化することができ、平準化の促進になると考えます。

 

※本会に先立ち、建設業協会より来年の参議院選挙に向けて推薦状を賜りました。衷心より御礼申し上げますとともに、ご期待に応えられるよう粉骨砕身努力しますことをお誓い申し上げます。本当にありがとうございました。