· 

林政対策委員会

標記委員会に出席しました。

 

国有林の伐採を、広域で長期にわたり発注する仕組みを導入し、林業経営者が安定した事業量を確保できるようにするという提案がなされました。

 

しかし、

・大企業が受注を独占してしまうのではないか

・中小事業者が排除されるのではないか

・国有林の供給過剰により材価が下落するのではないか

・ファンドが参入してくるのではないか

といった懸念が噴出しました。

 

そもそも林野庁は、今後、国産材の需要が順調に伸びていくという前提です。しかし、人口減少や貿易戦争などの状況を鑑みると、その予測は楽天的に過ぎるのではとの考えが支配的です。

 

さらに審議を深めて参りたいと存じます。