· 

林政対策委員会

標記委員会に出席しました。

 

国有林の木材供給システムに関し関係団体からヒアリングを行いました。

 

前回会議で指摘された通り、中小業者が排除される懸念や、供給過剰に陥る懸念が提起されました。

 

林野庁は、

・むしろ供給不足のエリアで国産材が貢献するための課題解決の手段として新システムを捉えており、需給バランスの取れているところでは従来通りのスタンスで臨む

・したがって、地元業者の事業拡大を担保するために新システムを活用する

とのことでした。