· 

医療政策研究会

標記研究会に出席しました。

 

医療消費税について、8%への増税時に診療報酬の初再診料により補填し、補填率は102.07%であると厚労省は説明してました。

 

ところが、データ抽出のミスにより実際の補填率は85.0%に過ぎないことが判明しました。あってはならないことです。

 

「消費税で経営が苦しくなった」とする医療界の主張が正しかったことが証明されました。

 

厚労省は厳しく指弾されるべきであり、来年の10%移行時には100%の補填を必ず実施するように強く求めます。