· 

河野都農町長

河野正和都農町長が国保制度の改善について要望にお見えになりました。

 

本県の国保は県が保険者になったものの、徴収時などの事務は従前どおり市町村が行っており、保険料も市町村ごとに異なります。

 

保険料の統一には相当の軋轢が想定されるため、一足飛びには進まないでしょう。

 

むしろ、健保組合が解散し協会けんぽへの移行が進む中、国保も含めた医療保険制度の一本化こそ、真剣に議論していかなければならないと考えます。

 

せっかくの機会でしたので、河野町長から全国2位となったふるさと納税の興味深いお話をたくさん伺いました。