· 

水産部会

標記部会に出席しました。

 

入管法改正案の審議に伴い、水産分野における外国人材の現状について審議しました。

 

漁船漁業や水産加工業においては技能実習生の存在は欠かせないものになっています。

 

また、養殖業においても制度活用を目指す動きがあります。

 

今般の入管法改正にも大きな期待があり、早期可決を望む声が多く挙がりました。