· 

参議院法務委員会

入管法改正案の採決が報委員会で行われました。

 

野党の引き延ばしにより深夜に及びました。

 

採決を実力で妨害しようとする野党を制止するため小競り合いがありました。誠に恥ずかしい姿です。

 

ルールにのっとり審議を尽くし、最後は多数決で決めるのが民主主義です。もし、少数者が暴力で結論を決められるのであればそれは少数による独裁ではないでしょうか。

 

自分の思いを実現したいのであれば、国会で暴力をふるうのではなく、国民の支持を得て多数党となる努力をすべきだと思います。