· 

厚生労働部会

標記会議に出席しました。

 

特定検診やがん検診の受診率向上へ向けた取り組みについて審議しました。

 

特定検診は受診率51.4%、がん検診は胃・肺・大腸・乳・子宮頚いずれも50%に達していません。

 

この受診率を向上させることにより、治療から予防へシフトして、個々人の人生を豊かなものにし、社会保障財政にも寄与します。

 

受診率向上に向けて、促進策だけではなくペナルティも考えてはどうかとの意見もありました。