· 

杉野子センター視察

スギのコンテナ苗を製造している杉野子センターを視察しました。

 

低花粉のコンテナ苗を年間30万本育苗できる体制であり、この規模は日本最大とのことです。広大な都城森林組合のエリアをすべて賄えるそうです。

 

コンテナ苗は施業が簡単で、しかも活着率が大変高く、植林の生産性向上に大いに寄与することとなります。

 

宮崎県は①堅調な材価②堅調な輸出③バイオマス需要により、主伐が進んでいます。それに伴い植林の需要も高まる中、人手不足でなかなか追いつかない状況です。

 

コンテナ苗がこれらの問題を解決する救世主になることを大いに期待しています。