· 

文科部会

標記会議に出席しました。

 

教員の働き方改革の審議会答申について審議しました。

 

・目的はあくまで子供のため

・残業上限月45時間・年360時間の実効性を高める

・ストレスチェックの実施と公表

・教師が担う業務の明確化

・外部人材の活用

・給特法については中長期課題

等が示されました。

 

方向性は納得できるものでしたが、現場で実施する際には相当の困難が予想されます。

 

しっかり現場に落とし込んでいけるよう、細かい点まで議論を深めなければなりません。