· 

養豚農業振興議員連盟

標記会議に出席しました。

 

豚コレラの蔓延に対し、日本養豚協会の香川会長はじめ、生産者の皆さんから悲痛な叫びをお聞かせいただきました。

 

野性イノシシに対して経口ワクチンを接種して欲しいとの切実な声を頂きました。

 

農水省は、現状ではまだワクチンを打つべきではないとの認識でした。しかし、少なくともどの段階になったらワクチン接種に踏み切るのかを示す必要があると思います。

 

私たち宮崎県民は口蹄疫を経験し、ワクチン接種・全頭察処分を経験しました。判断の遅れは被害を拡大するだけです。

 

慎重かつ迅速に判断を示すべきです。