· 

養豚農業振興議員連盟

標記会合に出席しました。

 

農林水産省は野生イノシシに経口ワクチンを利用することを決定しました。これにより汚染国になるわけではないので、適切な対応だと思います。

 

殺処分をした農家への手当金が不十分であるとの声がありました。

 

宮崎県の口蹄疫の際は十分な手当金を早めに決定頂いたため、農家の再開意欲が堅持されました。また、手当金に対する免税措置も取られました。

 

これらの課題に迅速・確実に対応するよう強く求めていきたいと存じます。