· 

スティーブン・バノン

外交部会でトランプ大統領の特別顧問だったスティーブン・バノン氏が講演されました。

 

ブライトバード・ニュースの会長というイメージでしたので、かなり個性的な方を想像していましたが、予想外に温厚な紳士でした。

 

ただし、その世界観には独特のものがありました。

・世界はグローバル企業とグローバル・エリートに支配されている

・彼らは一部の富を独占している

・ワシントンの多くの政治家は彼らの手先

・トランプは「声なき民」の代弁者

・それを「ナショナリスト」と呼ぶ

・その意味で安倍総理も「ナショナリスト」

 

「したがってトランプ以前のトランプは安倍総理だ」と発言されました。おそらく、バノン氏はここで拍手が上がると期待されていたのでしょうが、会場は苦笑いに包まれました。

 

バノン氏の独特の世界観を理解すると、トランプ大統領の振舞いも理解できるような気がします。

 

※写真は外交部会長として挨拶する松下新平参議院議員