· 

本会議

参議院本会議が行われました。

 

防衛省設置法改正、強制不妊救済法、事前環境保全法改正が可決されました。

 

強制不妊救済法は、旧優生保護法により、障害を理由に不妊手術を強制された被害者の方々へ、一時金320万円を給付するものです。

 

これで被害回復がなされるわけではありませんが、長年放置されてきた問題に一定の措置を講じることができました。

 

被害者の皆様の苦痛を和らげるために、引き続き真摯に取り組みを進めていかなければなりません。